祖母が老人ホームを探した時の事です

祖母の認知症もかなり進行し、動作も緩慢になりついには寝たきりの状態になってしまいました。

老人ホームに寝たきりでも入れるかどうか不安だったのですが、調べてみると何の問題もない事が分かりました。

認知症で体が元気な人は動き回ってしまい、施設を脱走してしまう人もいるぐらいと見学時に話を聞くぐらいで、かえって寝たきりの人の方がお世話をしやすいと話していました。

祖母の場合は、特に病気もなかったので良かったのですが、例えば人工透析があったりすると、ストレッチャーで透析に通う事も出来ませんので、療養型の透析病院への入院となるそうです。

また、インシュリンなどの医療行為もある場合には、看護師の勤務時間によっては受け入れが出来ないと聞きました。ただ、インシュリンの時間や本数を調整出来るような人であれば、施設選びのハードルが下がるそうなので、状態にもよるようです。

寝たきりの場合、どこの施設でもほぼ受け入れが出来るようなので、後は希望の地域や予算次第で選ぶことが出来たため探しやすかったですが、病気の有無や認知症の有 無により探し方もかなり変わるんだなという印象を持ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です