特別養護老人ホームについて

わたしは特別養護老人ホームに勤めているものです。
特別養護老人ホームとは老人福祉法上の老人ホームで、老人福祉施設とも言います。
特別養護老人ホームは現在要介護度3以上でないと基本的には入居できない仕組みになっていて、要介護度3以上は自分では自立した生活は出来ない状態になります。
ですので、必然的に寝たきりの高齢者が多数入居している形になっています。

現在の日本では、寝たきりの高齢者の受け皿は病院の療養型の施設か、この特別養護老人ホームに集中していると思われます。
特別養護老人ホームの大きなメリットは、施設の中では一番費用が抑えられるというところになります。
他の施設では、とても自分の年金だけでは入居が難しいと思われる事がほとんどですが、特別養護老人ホームでは大体年金のみで補える方がほとんどだと思われます。
入居する高齢者は、高齢者の立場にたって考えると、生活に面白みもなくなると思われるので、生活の楽しみという観点では他の施設を検討しても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です