寝たきりでも可能なのは特別養護老人ホーム

寝たきりの状態というのは介護度などで表すことができるわけですが、要介護5ともなりますとコミュニケーション不全の状態であることが多いですから、介護をする人にとってもかなりの負担になるということがありますので、受け入れることができる老人ホームというのが限定されることが多いです。

要介護5というレベルになるのであれば、専門的なケアがほとんど24時間体制で求められるということになりますので、特別養護老人ホームなどに入居するということがベストになるというのは間違いないでしょう。

まず、地域包括センターなどとやり取りをして、要介護認定を受けるということになります。ケアマネージャーなどとも話し合いをして、ケアプランを作成してもらって最終的にどのような施設に入れるのかということを決めることになるわけですが、寝たきりということになりますとかなり充実している老人ホームでなければ厳しいことでしょうが、特別養護老人ホームであれば基本は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です