に投稿 1件のコメント

寝たきりでも入れる方法と準備方法

寝たきりの高齢者だと、老人ホームへの入所率が極端に下がってしまいます。
その理由は、施設側は寝たきりの人や重度の障害がある方を取るのはリスクがあるからです。
その為なかなか入所するのが難しくなります。

しかし、家での生活が難しく家族の負担も増えてしまうので、お互いのために老人ホームに入所したほうが絶対にいいと思います。
そのためには事前準備が必要です。
地域の病院が経営している老人ホームがオススメで、入所率を上げる方法は普段からその病院を活用する事です。
普段から活用していると、その病院に入所される方の詳報が残るので、介護する側もお世話をしやすくなります。
病院には健康なうちから行きつけの病院にする事や、家族でその病院を利用するようにしておけばさらに入所しやすくなります。
デイサービスやショートステイがあれば積極的に利用するようにしましょう。

介護する側は、新規入所の方のお世話が一番大変でリスクになるので、普段から利用していれば介護側のためにもなり、入所するときに嫌がられる可能性は減り入所率が上がります。

寝たきりでも入れる方法と準備方法」に1件のコメントがあります

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です