費用について

  寝たきりになると家族の方で「老人ホーム」探しにあたるとおもいます。
最近の傾向として多いのが、健康なときから自分たちで施設を選ぶ、あるいは高齢者住宅を選ぶなどです。
ご家族が探す場合も、本人が探す場合にも共通するのが「費用」をどうするかですが、入居一時金など施設を使用する権利を買う場合、ある程度まとまったお金が必要となります。入居し続ける月額の入居料や管理費、食事代と入居一時金をトータルすると、家が買えてしまうほどの値段になることもあります。
そのため、ご夫婦ならば自宅を処分してその費用に充てるという方もおり、家を引き継いでくれる家族がいないのならそれも可能ですし、老人ホームを探した先にお子様家族がいると、交流も増えて楽しいものになるでしょう。その場合はマンションタイプになっているシニア住宅が適しているのかもしれません。他には、高齢者向けの住宅を購入する方もいます。これなら財産として残せます。
いずれにしても、賃貸タイプのシニア住宅などを除き(一部入居一時金が発生するところもあります)、ほとんどが家を購入するような費用が発生してしまうのです。
寝たきりになり、医療が必要になる場合は、医療保険と介護保険を使って医療保険療養型の老人ホームに入所することもできます。