費用について.2

  寝たきりでも入れる老人ホームは、一般的に多くの老人ホームが対応してくれます。通常の介護の必要のある方と比べて、寝たきりの方のほうが、要介護度が高くなる傾向がありますので、介護保険の給付額が大きくなり、様々なメリットがあります。老人ホームにかかってくる費用を考えると、家計への負担は軽くなることが多くなります。
寝たきりと一言で言っても、認知症も併発していたり、他にも持病などがある場合には、要介護度が上がります。要介護度が高ければ高いほど、介護保険からの給付が多くなり、老人ホームの費用は軽くなります。自宅で介護している場合なども、寝たきりの場合は様々な給付を受けることが出来ます。
むしろ寝たきりになってしまった状態で、老人ホームに入ってしまった状態のほうが、健康状態で老人ホームに入られた方よりも、費用は軽くすむことになります。要介護度によってどのくらいのお金がかかってくるか、市区町村の担当者に聞いてみることをお勧めします。
老人ホームにも様々な種類があるため、どういった老人ホームに入るのかが問題となってきますが、寝たきりでも入れる老人ホームに入居すれば介護保険の給付を受けながら、寝たきりでもしっかりとした介護を受けることができるでしょう。