老人ホームの選択肢

  高齢者の老人ホームを考える場合、自立した生活ができて健康なのか、認知症や身体的な病気があるのか、寝たきりなのかで選択肢が異なってきます。
元気な方なら、同じような仲間と過ごせ、かつ、居住スペースも個室でプライベートが保たれる場所が理想だと思います。
いずれは考えたい「介護」は、介護付きの有料老人ホームにするのか、安いと言われている特別養護老人ホームにするのか、あるいは外部から居宅サービスを取り入れるのかによっても、選択肢はいくつかあります。
健康で自立した生活が送れる方だと、常に介護が必要になったときは、本人が望んで入ったところでも退所しなければならなかったりします。
これは受け入れる側の運営方法によるものと、介護にかかる費用が増えることで本人や家族が希望して退所するものの二通りに分かれます。
ご家族の負担を考えると、在宅介護に踏み切れないという方もいるでしょう。
そこで考えたいのが、「終身」という部分です。
理想から言うと住み慣れた我が家で最後まで暮らしたいというのが本当でしょうが、世話をしてくれる人がいないとなると、在宅介護サービスだけでは足りない部分も出てくる可能性もあります。
老人向けの施設には、「終身」までというところも多くなっています。