老人ホームの種類について

  寝たきりでも入れる老人ホームの種類としては、基本的にお持ちの障害に対して大きくカバーされているために、寝たきり専門のような特殊な老人ホームでないと入居できないということはないようです。
老人ホームには介護職の方が、様々な障害を持った方を日夜介護されていますので、一般的に寝たきりの方というのは、老人ホームにおいてはむしろ多数派になり、介護職の方も慣れていらっしゃいます。そのために、寝たきりの方は一般社会では少数派ですが、老人ホームでは多数派になるのかもしれません。入浴や食事なども、一般的な老人ホームでは寝たきりの方でも十分にサービスされていますし、可能であれば、車椅子を使って外出してくれるような老人ホームも多数存在しているようです。プロの介護職の方々ですので安心です。ボランティアの方が訪問されて、様々な催しものをされることも頻繁にあるような老人ホームもあるようです。
持病がある方は、病院に併設された老人ホームに入居されるようなケースが多いようです。その場合も、他の入居者にも寝たきりの方はたくさんいらっしゃいますので、入居は出来ます。万が一の病気などに備えると、病院に併設された寝たきりでも入れる老人ホームは便利なのかもしれません。