老人ホームで必要な物

老人ホームを考える際、何が必要かも考えておきましょう。
寝たきりと言っても生活に必要なものはいくつかあります。
起き上がることができないのなら紙おむつも必要ですし、洗面用具も勿論必要です。
経口で食事を取られていない方でも歯ブラシやコップ、洗面器などは必要で、入れ歯を磨く、口の中を拭いてあげる、濯ぐことができる方は体を少し起こしてあげてそれをしてもらう場合もあります。
使わない機能を少なくすることで健康な状態を保ち、少しでも口から物が入れられるようにもっていくことで、とても元気になる方もいます。口の中を拭いてあげるということは、細菌の繁殖を防ぐという意味もあります。
他に必要なものはティッシュ、ウェットティッシュ、綿棒、タオル数種類(沢山あったほうがいいです)、寝間着、着脱しやすい肌着、他には入所する本人が望む物を準備してあげましょう。
これだけを毎回、毎月準備するだけでも1万円を超してしまいますね。自宅から交換しにくるのにも交通費がかかってしまいます。
ですので、月々の費用を抑えるため、面倒でも寝間着は自宅から持ち込み、紙おむつは助成金などを利用します。
紙おむつ助成金は身体障害者の方や、介護保険認定をされている方が対象となっています。ただし、お住まいの地域によって若干異なりますので、介護保険窓口や福祉課で調べてみると良いでしょう。
老人ホームを探すときに沢山の情報を集めていると得ですよ!