紹介をしてもらうには

  寝たきりの場合は、自宅で介護することが大変難しいことが多くなっているようです。段階としては、デイケアなどの利用などから始まっていくと思います。その後に入居できる老人ホームを紹介してもらうのが一般的といわれています。宿泊できる老人ホームは、定員いっぱいで運営されているところが多いです。
寝たきりでも入れる老人ホームを紹介してもらうには、寝たきりの状態で、他に何か障害があるか調べたほうが楽に教えてもらえるようです。寝たきりに加えて、認知症などがある場合には、要介護度が上がりますので、市区町村に要介護度の認定をしてもらったほうがよいです。要介護度が認定されると、市区町村の介護福祉士の方やケアワーカーの方に、相談してみると、希望にできるだけ合った老人ホームの紹介を受けることが出来るかもしれません。
現在、老人ホームへの入居希望者は多いですが、街の介護福祉士さんと密に連絡をとっていれば、条件の良い寝たきりでも入れる老人ホームを教えてもらえるかもしれません。
他にも、かかりつけのお医者さんからも入居できる老人ホームの紹介を受けることが出来るかもしれません。医師も、老人ホームのネットワークに関わっているようですので、一度ご相談されたほうが良いでしょう。