寝たきり・病院

  高齢者が寝たきりになると、病院や老人ホームについて考えると思いますが、これは介護や看護が必要になるために、それらが結びつくのです。
老人ホームの中には、尊厳を重視し、介護だけをするところがあり、多くの方が入所されています。
初期費用や月々の負担が少ないと知られている特別養護老人ホームや、介護付き有料老人ホームもそのようになっています。
つまり、医療処置が必要な高齢者はホームから病院へと救急車で搬送されます。そこでご家族に連絡が行くようになっています。
寝たきりの高齢者でホームなどに入所されている方のほとんどが、急性期病院で集中的に治療をし、回復期リハビリ病棟での効果が得られずに施設へとやってきます。リハビリの効果がないとその病院も退院させられ、在宅療養を勧められるのですが、家族や訪問介護で抱えきれないとなると施設を探すということになるのです。
ご家族によっては管だらけになる延命措置よりもという気持ちは、高齢者になるほどあるようです。家族との意思疎通がなければ痛い思いをさせたくない、本人も辛いだろうという気持ちがあるのです。連れ添いが先立たれているのならなおさらかもしれませんね。
寝たきりになると転院もさせられたりしますので、病院も選ばなければなりません。