介護と看護が必要

  高齢者の方の中には介護と看護が必要な方が沢山います。寝たきりの方にも看護が必要な方は沢山います。
ご家庭ではそれらが行えないとなると、老人ホームを探すようになりますが、両方を兼ね備えているところは療養型病床群と名の付く老人ホームになります。
費用が安いとして人気がある特別養護老人ホームは介護を対象としていますし、養護老人ホームは軽度の介護が必要な方が対象となっています。保険施設をして知られる老人保健施設は、リハビリを経て家庭復帰を目指すことを目的としていますので、医療が受けられても短期間しか入所できないことになっています。
そうなると受け入れてくれるところが少ないんじゃないかと不安になるでしょうが、医療保険療養型の施設だと医療保険と介護保険、両方が適応されますので、施設側としては保険から入ってくる収入があるため、高齢者ほど受け入れをしてくれる場合もあります。つまり、自己負担をする部分が少ないため、安定した経営ができるのだそうです。
このような話を聞くと、チューブが入っていると転院を促された病院からの移動もしやすくなり、受け入れもされやすいのかもしれません。
ここで間違えて欲しくないのは、体の中に入ったチューブというものは、呼吸が安定している様子だからといって、すぐに抜管できるというものではないのです。